組織開発とは

関連LINK
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
組織開発のページへ

組織開発についての有識者による定義 
組織開発(Organization Development: OD)には1960年代から、様々な定義付けがなされてきた。いくつか代表的な組織開発の定義を以下に紹介する。

組織開発とは、個人や組織の健全さや効果向上を目指して計画される介入行為である(OD is a planned intervention aimed at improving individual and organizational health and effectiveness.)(ジャック・フィッツ・ファズ)

組織開発とは、組織がそのポテンシャルに達するようサポートすることに焦点を置く、マネジメントの一分野である」(OD is a management field that focuses on helping organizations to develop their full potential.)(マサチューセッツ州立大学)

組織開発とは、組織やコミュニティに連鎖的な変化を起こす、価値観主導だがダイナミックな手法である。とりわけ組織やコミュニティや社会が望ましい状態に変わり続ける能力を構築する努力である(ODネットワーク)

1」計画に基づいて、2」組織全体を対象にして、3」トップマネジメントがリードして、4」組織の健全さと有効さを高めるために、5」行動科学を応用して組織プロセスに計画的に介入する事が組織開発である(リチャード・ベックハード)

組織開発は、トップマネジメントに先導され、サポートされて実行され、組織のビジョン設定・権限委譲・学習・問題解決プロセスを改善するための、長期にわたる努力である。継続的で協力に基づいた組織文化の管理であり、コンサルタントやファシリテーターの役割、また、参加者の行動に関する調査を含む行動科学の理論や技術に重点が置かれる(ウェンデル・フレンチとセシル・ベル)

組織開発 ~PFCはこう考える
PFC(ピープルフォーカス・コンサルティング)は、「組織開発」と「組織改革」とを比較することによって、組織開発の特徴がより一層明らかになると考える。「組織改革」が身体の病んだ部分を除去する外科手術に例えられる一方で、組織開発は漢方薬の服用や日々の運動などの、健康への継続的な取り組みに例えられる。組織改革は、改革者であるスーパー・マネジャー(外科手術における執刀医)を中心に行われるが、組織開発においては社員全員が主役だ。組織改革においては、改革者が施策を打つが、組織開発では施策が育つ「土壌を作る」ことを目的とする。組織改革の効果が「問題を解決する」ことであるのに対し、組織開発の効果は「問題を解消する」ことだ。端的には、「変える」のではなく、「『変わる』のを支援する」のが組織開発である、と言えるだろう。 組織開発は、環境の変化に対応できる、健全な体質作りに似ている。意思決定をする頭は組織のマネジメント、体は実際の作業がなされる組織の各部署、心は業務に良くも悪くも影響する社員の意識に擬えられる。また神経のはたらきは、組織を司り、機能を促進するコミュニケーションと考えられる。身体がうまく機能するためには、これら全てのパーツが調和よく働かなければならない。また、環境変化に対応できる健やかな身体を作るためには、継続的な健康維持のための努力が必要となる。同様に組織開発とは、全員が参加し、組織全体がバランスよく、継続的に取り組むべき課題なのである。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。